生きもの情報を随時更新していきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エトピリカとウミガラスが夏羽から冬羽に変わりました。季節により変化する海鳥たちを観察して下さい。

エトピリカは、美しいくちばしと目の上の立派な飾り羽が特徴的な海鳥で、その派手な風体から「花魁鳥」とも呼ばれています。しかし冬を迎えるこの時期、夏羽から冬羽に羽が生え換わると、飾り羽がなくなり、真っ白だった顔も黒っぽく変化して、一見、別の鳥のような姿になってしまいます。
 またウミガラスの黒い顔と目の後方の白い線は、冬羽になり、顔から首の部分が白く、目の後ろは黒くなります。
 これらの姿は、繁殖期の初夏を迎えるまでの数ヶ月間だけに見ることができます。季節による海鳥の姿の変化を、ぜひ観察して下さい。

【場所】
3階 北の海獣・水鳥コーナー
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。