生きもの情報を随時更新していきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮目の大水槽の内、暖流の黒潮域に生息する生き物を展示している「黒潮水槽」にハガツオとマダラトビエイを搬入しました。ハガツオは久しぶりの展示です。
 今回搬入したハガツオは、和歌山県沖で採集されたものです。しばらくアクアマリンふくしまの「予備水槽」で飼育をしていましたが、今回展示水槽に移すことになりました。体長は現在20cm程ですが、成長すると50cmから1mになります。

 背中に「縦縞」模様があるのが特徴です。また、同じ水槽に展示している同じサバ科の魚、カツオやスマに比べて体高(体の幅)が低いことで見分けることができます。

 そして、もう一種類、久しぶりのお目見えなのがマダラトビエイです。
 ユニークな表情?で人気のマダラトビエイが大水槽に帰ってきました。水槽の中層を優雅に泳いだり、吻端を動かしながら水槽の底でエサを探したりと、様々な行動で楽しませてくれるエイです。

 因みに、同じ水槽には真っ黒なエイ、カラスエイを展示しています。
 実は、この黒潮水槽の中に胎盤幅30cmほどの子どものカラスエイもいるのです。みなさん気がつきましたか?子どもは「カラスエイ」名の通りカラスの様に本当に真っ黒です。

 この二種類のエイは、同じエイの仲間といっても泳ぎ方が違うので比べてみるのも面白いかもしれません。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。